認定で信頼が得られるISO39001|企業にとって大切なこと

パソコンを操作する男性

サーバーへの不正を防ぐ

システム

標的型サイバー攻撃は、巧妙な偽造メールや不正アクセスによってサーバーに侵入し、重要な情報の流出やシステムの破壊を行われることです。セキュリティ専門の会社に依頼することで、サーバーへの侵入を防ぎ、バックドアへの対策もしっかりと行なってくれます。

Read

安いコストで取得できる

スーツの男性

iso取得を行なうための指南書は書店でも売られています。しかし、本の内容は数年前の実例を元に作られているので、今参考にすると余分な設備を導入してしまい、高額な費用を支払うこととなります。isoのコンサルティング会社は、管理ソフトの導入などにより安い費用でisoを取得させてくれます。

Read

車両管理のための規格

パソコンを操作する人

ISOには多くの種類があり、中でも多くの企業が取得を目指しているのがISO39001です。ISO39001とは、道路交通に関しての国際規格です。交通安全に関するマネジメントがしっかりと策定されていれば、このISO39001の審査も通過することができるでしょう。このISOを取得することで、多くの会社が顧客からの信頼を得られるでしょう。運送業であれば、交通事故対策をしっかりと行なっている企業であるとして、仕事の依頼主を多く獲得できるようになります。運送業以外にも、タクシーやバス会社、営業のために車を使用させている会社、児童の送り迎えを行なう幼稚園や学校でも、このISOを取得することで高い利益が得られるでしょう。顧客へのイメージアップは提携する企業へのアピールともなるので、事業拡大のチャンスも生まれるようになるのです。ISO39001の審査を通過するには、専門のコンサルティング会社へ依頼するとよいでしょう。ISOに関することをよく知らないという人でも、取得に向けた取り組みのアドバイスをしてくれるのです。

提携したい企業へのアピールや、顧客へのイメージアップによるメリットだけではなく、このISO39001は社内全体の交通安全に関する取り組みを、万全のものとする上でも重要な意味合いがあります。運送業であれば大きな家具などの運送中に事故を起こした場合、配達先の顧客への損失だけでなく、車道を走る車にも被害を与えることとなるでしょう。人身事故を起こしてしまうと、会社のイメージを大きく損なうばかりか、損害賠償によって高額な費用を支払うこととなりかねません。ISO39001の認定を受ければ、しっかりとした車両管理を行なうことができるようになるので、こうした交通事故によるリスクを低減させられるでしょう。

さまざまな攻撃への対処

オフィス

通常のファイヤーウォールでは、パラメータ改竄などの問題を防ぐことはできませんが、WAFであればしっかりと防御することができます。クラウド型WAFであれば、ネットへのアクセス制限からアプリケーションへの侵害の検知も行なうので、あらゆるサイバー攻撃への対処ができるのです。

Read